【FP向け講演会(オンライン対応あり、一般参加可)のご案内】
>>https://fpa-20210218seminar.peatix.com/
 
一昨年、大きな注目を集めた、
いわゆる「老後2,000万円問題」報告書。
 
この策定に、関わったのは、約20名の専門家ですが、
その中に、たった1人、
 
「相談業務を行う実務家の独立系FP」
 
がいらっしゃったことをご存知でしょうか?

資産形成支援協会が賛助会員として支援させていただいており
幹事も務めさせていただいているFP技能士会では

このたび
FPアソシエイツ&コンサルティング㈱代表取締役
神戸孝(かんべ たかし)さん

をお招きして講演会を開催することになりました。

 
■数々の役職を歴任した先駆者
 
神戸さんは、ご自身の独立系FP会社で代表を務められているほか、
・金融広報中央委員会(日銀)主催の金融経済教育推進会議の委員
・金融庁の金融審議会専門委員
・日本FP協会理事
などを歴任されてきた方。
 
21年前の1999年に、「生活者の側に立つファイナンシャルプランニング業界を作りたい」との想いで、独立をされた、業界の先駆者の1人でもあります。
 
「独立系FPとしての21年間の軌跡」
「現在のビジネスモデル」
「独立系FPの発展と今後の方向性」

 
FPの資格を持っていない方で、内容に興味がある方も、>>https://fpa-20210218seminar.peatix.com/ぜひご参加ください。
 
もちろん、オンライン参加も可能です。

お申込はこちら

 
※このイベントはFP技能士会が主催となっておりますのでお問い合わせ等はFP技能士会へお願いいたします。