保険代理店の経営者で投資信託を販売したいが、どうしたらよいか、わからないという方がいらっしゃいます。
そこで、投資信託を販売できるようになるまでのステップをご紹介します。

<保険代理店が投資信託を販売できるようになるための要件>

IFA(独立ファイナンシャル・アドバイザー)として投資信託の販売をするためには、以下の事項が必要です。

①証券外務員資格の取得
②金融商品仲介業の登録または金融商品仲介業者への所属
③金融商品取引業者(証券会社や銀行)との契約締結

【証券外務員資格の取得】
先ず、投資信託の販売には不可欠である日本証券業協会の「証券外務員資格一種」若しくは「証券外務員資格二種」の資格を取得しなければなりません。
一般の投資信託を販売するのでしたら「証券外務員資格二種」の資格で十分です。
この資格は日本証券業協会が実施しています資格試験を受験し、それに合格することで取得できます。
また、万が一試験に不合格になっても、一か月経てば再受験が可能となります。

【金融商品仲介業】
次は、二通りの方法があます。
一つは、新たに「金融商品仲介業」の登録をうけることにより「金融商品仲介業者」として、投資信託を含む有価証券等の仲介が可能となります。また、登録は法人でも個人でもできます。
登録の方法は、財務省の出先機関である財務局に届出し、内閣総理大臣の登録を受けます。財務局は全国に10か所あり、関東地区は、さいたま市に関東財務局があります。また、関東財務局には、東京や横浜など9か所に財務事務所があり、ここへの届出でも登録は可能です。届出後に、登録が完了しましたら、業務が可能となります。

なお、「金商品仲介業の登録」に関しては契約する予定の「金融商品取扱業者(証券会社や銀行)」を通して各地の財務局への届出を行うこととなりますのでまずは契約する「金融商品取扱業者(証券会社や銀行)」を選定する必要があります。

もう一つは、個人の場合は既に稼働している「金融商品仲介業者」と契約し、その組織に所属することにより、仲介が可能となります。

【金融商品取扱業者と業務提携】
金融商品仲介業者は、あくまでも「仲介」ですので直接投資信託等を取り扱うことはできません。投資信託等を取り扱っている(証券会社や銀行)と業務契約を締結し、外務員登録することにより、取り扱うことが可能となります。
金融商品取扱業者との業務契約を締結する場合、1社に囚われることなく複数の金融商品取扱業者と契約を締結することもできます。

上記の点をクリアしていただければ、IFAとして金融商品の販売が可能となります。
また、協会では、証券外務員資格の取得や「金融商品仲介業」の登録を一緒に行っていただく「金融商品取引業者」のご紹介等に関しましても、お手伝いさせていただきますので、ご遠慮なくご相談ください。

内容:資料請求入会について説明会について講師派遣についてセミナーについてメール配信希望その他


 
 


 
 

業種:
保険代理店生損保FP・コンサルティング社会保険労務士証券・銀行税理士・会計士その他

保有資格:なし証券外務員二種証券外務員一種内部管理責任者