30代、40代は「資産形成層」といわれ、終身雇用や年功序列といった以前はあたりまえだった雇用形態が崩壊しつつあり、常に所得に対する不安を抱えています。

一方、公的年金などの社会保障は、超高齢化社会を迎えようとしている日本が抱える財政問題などから大きくは期待できない状況です。

そこで、危機感を感じている「資産形成層」の方々は自助努力による積み立て投資による資産形成で老後の資金を準備しておくことは必要不可欠であると感じています。

保険代理店様にお伺いしたアンケートでも、76%の方が「お客様の問い合わせで、資産形成に関するご相談が増えている」と回答されています。(※資産形成支援協会調べ)

そこで「積み立て投資」をきっかけとした新規顧客開拓が大変有効になってまいります。
老後の資金準備が心配なお客様に対してもしもの時のための保障と投資信託の積み立てによる資産形成を合わせてご提案すれば頼りになるパートナーとしておつきあいの幅が広がります。

協会がご提供するシステム「投信NAVI」では、過去の運用シミュレーションを視覚的に訴えかける表示形式でお客様にご提案が可能となっています。

積み立て投資は、「ドルコスト平均法」といって定期的に一定額をファンドに投資することで、安い時期に沢山の口数を購入でき、高い時期は少しの口数しか購入しないことで、平均買い付け単価を平準化し、リスクを軽減する効果が見込めるので、たとえ値動きの激しいファンドを積み立てていたとしても、いっとき相場が下落した場合、この期間は沢山の口数を購入でき、長期間積み立て続けることで基準価額の回復を待てば大きな収益が得られる可能性があることも「投信NAVI」では実在のファンドを使ってシミュレーションすることが可能です。

20年以上の運用実績がある実在するファンドを例にとり、「いつから、いくらずつ積み立てていたら今ごろこれくらいの収益がありましたよ。」「途中でITバブルがはじけたり、リーマンショックがあったりと一時的に下落したとしても長期間積み立て続ければこのような結果となっています。」とか実績をもとにお示しすることでお客様の将来設計の展望が描けます。

先日入会してくださったIFA法人様より、「これまで様々な分析システムを使用してみて、積立投資シミュレーションに関してはやっぱり『投信NAVI』がいちばん使い勝手が良く使いやすい。資産形成層からの相談はほとんどが積み立てのご相談が含まれる状況なのでとても役立つ」とおっしゃっていただきました。

また、新しくなった金融電卓機能をご紹介しましたところ、「お客様の目の前で簡単に操作できて、便利そう!」と好評価をいただきました。

こちらも長期投資シミュレーション、積み立てシミュレーションとその後の資産取り崩し運用シミュレーションはリタイアメントプランニングをするにあたりとても便利なツールとなっております。